HOME > ブロックケア

ブロック塀専用の防汚保護材はこちら

ブロック塀専用の防汚保護材はこちら

ブロック塀は、雨による黒ずみやコケなどで汚れが目立ってしまいがちです。坂本産業では、室内の壁や外壁だけでなく、ブロック塀にも施工可能な商品も開発しております。ここでご紹介します“ブロックケア”は、誰でも簡単に施工できる、ブロック塀・漆喰壁用の防汚保護コーティング剤です。ブロック塀の見た目をきれいにするとともに汚れを防ぎ、劣化も抑えます。手軽に施工できるため、DIY初心者の方でも安心です。

商品紹介

ブロックケア
商品名 ブロックケア
価格 5,800円(税込)
内容量 500ml
用途
  • ブロック塀・漆喰壁・その他コンクリート用
特徴
  • 化粧品にも使用されている水性シリコン成分で環境にやさしい。
  • 湿気からくるカビ・藻も寄せつけません。
  • しっかり合浸して、はがれたり取れたりしません。
使用方法
  • 水で10倍に希釈して使用してください。
  • たたみ約10枚分に塗ることができます。
    使用方法
  • スプレー、ローラー、刷毛などをご利用いただければ、誰でも簡単に塗ることができます。

黒インクによる汚れ防止テスト

左のブロックは、ブロックケアを塗っております。右のブロックは何も塗っていない状態です。黒インクにより汚れを付けた後、水で流してみました。

before

before

after

after

ブロック塀の塗り方

1.下準備

ブロックケアを水で10倍に希釈してください。たたみ約10枚分に塗れる量となります。

希釈します

希釈してからご使用ください

希釈してからご使用ください

2.汚れを落とす
塗装する部分の汚れは、あらかじめほうきなどで落として下さい。また、必要な場合は水洗いをして下さい。
※洗車ブラシや家庭用高圧洗浄機があると便利です。
※頑固な藻やカビ等は、塩素系のかび取り剤(例えばハイター等)が効果的で素早く落ちます。その際、衣服、手や目などにかからないように注意してください。

3.養生
塗装箇所以外についてしまいそうな場合は、マスキングテープや新聞紙などで保護しましょう。

4.全面塗装

ブロック塀の乾燥を確認したあと、全面に配布していきます。市販のスプレーやローラーを使用して塗ります。端末や塗りにくい箇所は先にハケなどを使用して部分塗りします。面積が広いときは、ローラーを使用するのがおすすめです。凹凸のある化粧ブロックはスプレーが便利です。
※1回の塗布で十分ですが、2回に分けて塗ると均一性がでます。
※希釈したブロックケアはできるだけ早めにご利用ください。

部分塗り

部分塗り

部分塗り

6.全体塗装
一面一面丁寧に塗っていきます。面が広いため、塗装にはローラーを使用するのがおすすめです。ゆっくりと強く、丁寧に塗っていくのがポイントです。

外壁用の塗り壁材 『ヨーロピアン』はこちら

『イートセッカイ』はこちら

お問い合わせ・資料請求・ご注文はこちらから